国内・海外旅行の予約はSTJで

国際宇宙ステーション(ISS)

国際宇宙ステーション(ISS)とは?

国際宇宙ステーションとは、その名が表すように、
宇宙にある駅のようなものです。

各国の宇宙港から打ち上げられたロケットなどが
ドッキングすることによって国際宇宙ステーションに到着します。
この国際宇宙ステーションは、米国を中心とした
世界15ヶ国の国々が協力して作り上げた施設です。
その大きさはサッカーの競技場ほどです。

そして、この国際宇宙ステーション自体が、
地球の周りを約90分かけて1周しているのです。

国際宇宙ステーションはどうやって組み立てたの?

サッカーの競技場ほどもある巨大な国際宇宙ステーションですが、
一体どうやって組み立てられたのでしょうか?

最初に基本的な機能を持つパーツが打ち上げられました。
このパーツの重量は約21トンもあるというから驚きですね。
そして、地球で組み立てられたパーツを基本パーツに接続する、
という方法で組み立てていったのです。

これを約40回繰り返し、1984年から着工して
2011年7月に完成を迎えることとなりました。

国際宇宙ステーションの構成

そもそも国際宇宙ステーションの役割とは、
宇宙での研究や実験が目的となっています。

国際宇宙ステーションの主な構成としては、
研究や実験を行う実験モジュールと、滞在している宇宙飛行士が
生活するための居住モジュールがあります。 ここは宇宙服を着なくても過ごせるようになっています。 そして国際宇宙ステーションは、宇宙旅行客が滞在する施設の役割も担っているのです。