国内・海外旅行の予約はSTJで

宇宙で自分の方位を知る方法

宇宙で方位を調べるには?

地球上で自分のいる方位を調べるとしたら、コンパスなどで東西南北を確認することができますね。これがもし、三次元の宇宙だとしたら、どうやって方位を調べればよいのでしょうか。 

北極星を頼りにする方法

一番手っ取り早い方法は、北極星を見つけることです。北極星とは、天の北極に位置している星で、ほとんど動かないように見えますし、ひときわ明るく光る星です。昔から、航空機や船の航海の目印としても利用されてきました。

雲の流れを見る

宇宙船から地球を眺めた時の、雲の流れ方で東西を知ることができます。雲が向かってくるように見える方向が東です。というのは、宇宙船は大体、西から東に周っているからです。

天空航法を利用する

実際に、宇宙船を操縦する人だけでなく、宇宙旅行をするためには、航法を学ぶ必要があります。航法とは、航空機や船が目的地にたどり着くために、自分のいる位置と目的地までの距離を測定する方法です。1つ目の方法としては、地球の地形を目印にして、自分がどこを飛んでいるのか知る方法です。これには航空用地図も必要になります。ただ、この方法だけですと、天候が悪い時や、夜間は地形を確認するのが難しいので不十分です。そこで、2つ目には、推測航法という方法が用いられます。これは、あらかじめ分かっている地点から目的地までの距離と方位を計算する方法です。それだけでなく、風の向きや風速なども計算に入れる必要があります。そして3つ目が、天空航法です。これは、位置が分かっている天体(太陽や月、星や惑星など)から方位や高度を求め、計算することにより現在位置を知る方法です。これらの航法を使うことによって、自分のいる位置を確認することができます。