国内・海外旅行の予約はSTJで

宇宙ステーションへのドッキングの流れ

ドッキングするためのドッキングポートを探す

慎重に軌道変更を重ね、国際宇宙ステーションの軌道に入った宇宙船。いよいよ、あともう一歩でドッキングというところまできました。ドッキングさせるためには、ドッキングポートというものを探さなければなりません。ちなみにこのドッキングポートは複数あり、その時ドッキングさせるポートを宇宙船上から探さなければなりません。そのために、国際宇宙ステーションの後方、約120mほどまで近づいたところで速度を落とします。国際宇宙ステーションとの距離を保ちつつ、ドッキングポートを探すのはなかなか難しいようです。探すことに気を取られてしまい、距離が近づきすぎてしまうと、国際宇宙ステーションを通り過ぎてしまうことにもなりかねません。そうなると、もう一度軌道へのアプローチが必要になり、それには1~2日掛かってしまうことになります。また、万が一国際宇宙ステーションにぶつかってしまっては大変です。

いよいよドッキング!

無事にドッキングポートを探し当てたら、再度、国際宇宙ステーションへのアプローチを試みます。この、最後のアプローチは自動操縦に頼らず、クルーによる手動操縦を行います。宇宙船を国際宇宙ステーションへごく近づけたら、スラスターを軽く噴射させて、ドッキングさせます。最後に、バネ式探査機の締め金が掛けられたという報告を受ければ、ドッキング完了となります。そして、待ちに待った国際宇宙ステーションへ足を踏み入れることができるのです。